【ローラー台】在庫紹介②  タイヤが一切接触しない!? 驚きの電磁負荷スマートローラー! 4iiii「Fliiiight」【志木店】

452
志木店】渡邉 考一 20年05月16日

 

 

 

新型コロナ禍による外出自粛で需要が急増しているローラー台。

 

各メーカーから様々な種類の製品が出ていますので、この機会に志木店在庫のローラー台のご紹介をしたいと思います!

 

 

img_0858[1]

 

 

第2弾は、高いコストパフォーマンスのパワーメーターが人気のブランド、4iiii(フォーアイ)の「Fliiiight」です。

 

「Fliiiight」の最大の特徴はなんといってもそのユニークな負荷方式でしょう。

 

通常のローラー台はどのような負荷方式でもタイヤやリム、チェーンなどの駆動系に負荷装置が接触します。もっともらしく書いていますが、負荷をかけなければいけないので当たり前の話ではあります。

 

ところがこの「Fliiiight」は負荷装置と駆動系が接触しないという非常にユニークなローラー台です!

(もちろんローラー台本体と自転車は固定されています)

 

接触せずにどうやって負荷をかけるのかというと、科学的な原理は割愛しますが磁力を使います。

ホイールのリム部分に磁力を持った負荷装置を近づけて負荷を作り出すのです。そして負荷装置とリムの距離を調整することで負荷を変化させます。

 

負荷装置が非接触であることのメリットとして、パーツが消耗しないことや、振動や騒音を抑えられる、などが挙げられます。

 

パーツの消耗(特にタイヤドライブ方式の場合)や振動、騒音はローラー台を使う上で無視できない問題だけに、これらのメリットがあるのは「Fliiiight」の強みです。

 

そして、重量のかさむ負荷装置が必要ない分製造コストが低く、結果としてお値段が安いというのも非常に大きなメリットです。

その金額はなんと¥62,000(税別)!しかも「Fliiiight」はただのローラー台ではなく、自動負荷連動機能の付いたスマートローラーです!

 

さらに、「Fliiiight」はバッテリーを内蔵していて、電源のないところでも2時間程度使用することができます。これも人によってはなかなか魅力を感じる特徴なのではないでしょうか。

 

そのかわりメリットがあればデメリットもあります。

 

ここまで読んでいただいた方はなんとなくお気づきかもしれませんが、磁力で負荷をかけるという原理上、リムの素材は金属、それもアルミでなければならない(細かくいうと非磁性体ということになりますが、自転車のリムとなると実質アルミ一択になります)、というのが1つめのデメリットです。

他にも、さすがに非接触だけあって負荷の最大値があまり大きくない、というのもデメリットといえます。

 

しかし、全ての方が、ローラー台で高負荷の厳しいトレーニングをするわけではありません。中にはZWIFTで気楽なサイクリングが出来ればいいという方や、トレーニング派でも小柄な方であまり高い負荷が必要ないという方もいらっしゃると思います。そんな方々には「Fliiiight」の強みである「お求めやすい価格」が非常に魅力的に映るのではないでしょうか?

 

4iii 「Fliiiight」のさらに詳しい情報は以下の公式サイトでご覧ください

 

ダウンロード

画像は4iiii日本代理店サイトより 

 

Fliiiight スマートトレーナー

http://www.trisports.jp/?q=catalog/node/9309

 

 

 

以上、志木店在庫のローラー台紹介第2弾でした!

 

 

※店舗在庫は日々変動します。ご紹介した商品が在庫切れの場合もありますことをご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※お知らせ : 営業時間のご案内

日頃からワイズロード志木店をご利用&このブログをご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

当分の間の営業日・時間は

〇 平日:営業時間は12:00~20:00

〇土日祝日:営業時間は11:00~18:00(短縮営業)

★「水曜日定休」は変わらずです★

となっております。

 

 

 

 

bnr_tukin_2004

twi

電話通販

HB野澤

MEISYA

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る