【渋谷キャノンデール ブランドストア】  今月末入荷予定!SUPESIX EVOのグラベルロード! TOPSTONEとの違いも含めて解説します!

374
渋谷本館】間野 友輔 22年02月10日

211113evo_se_02

ワイズロード渋谷キャノンデールブランドストアの間野です。

昨年8月に発表されて、だいぶ長い事おあずけを喰らっている(笑)、Cannondale の新しいグラベルレーサーSUPERSIX EVO SE!

今まで入荷予定について、今年の8月末とお知らせしてきました。そりゃ長いよね、買おうにもちょっと長すぎて躊躇するよね。もちろん販売側のわたくしでもそう思っていました。

ここにきて、キャノンデールジャパンから納期が早くなったとの情報が!
今月末に入荷予定ってことで、なんと当初予定より半年早くなりました!!

入荷予定台数ごくわずかです!希少です!
ぜひお買い逃がしないようにご検討ください!!

 

 

211113evo_se_01

210824evo_se_03

2022 SUPERSIX EVO SE 

カラー:クールミント
入荷予定サイズ:51(推奨身長 175cm前後)
メーカー希望小売価格 ¥528,000(税込)

 

SRAM RIVAL eTap AXSを採用した、ハイスピードグラベルレーサー!

 

 

 

TOPSTONE CARBONとは何が違う?

今回発表されたSUPERSIX EVO SEは、系譜で言えば 『 SUPER X 』の後継モデルで、シクロクロスバイクです。

2021SuperX_2_HLT_PDyajirushi210824evo_se_03

もともとシクロクロスバイクはグラベルライドとの親和性が高いので、SUPER XはキャノンデールがTOPSTONEを発売する以前から、北米を中心にグラベルレーサーとしても評価され、活躍してきました。

Ted KingはSUPER Xを使って、2018年(だったかな?)、Dirty Kanza(現・Unbound Gravel)で優勝しています。  

2018年にアルミフレームの『TOPSTONE(Alloy)』が、2019年にカーボンフレームの『TOPSTONE CARBON』がデビュー。
キャノンデールでも本格的にグラベルロード専用機がラインナップされました。

 

210824cann_gravelbike _chart

上図は、わたくし間野がざっくり考えた、各バイクの位置づけです。
(最初から舗装路は除外しています)

 

TOPSTONE CARBONはリアサス『KINGPINサスペンション』の効果で、非常に荒れた路面で力を発揮するバイクに仕上がっています。
コントロール性も抜群です。

ただ、引き換えに重量が若干重くなってしまいました。

 

一方、北米のグラベルレースでは起伏の少ないダートが延々と続くものも多いようです。
ロードバイクに近い、軽量でエアロ形状のバイクが有利になることが予想されます。

 

そこで、シクロクロスフレームを基にして、グラベルに適したパーツアッセンブルを施したSUPERSIX EVO SEにも出番が回ってくるというわけです。

210824evo_se_23

また、上のチャートでは外しましたが、この特徴はロングライドでも十分に力を発揮します。
ある意味、エンデュランスロードと考えてもいいかもしれません。

 

「シクロクロスバイクは硬いからロングライドには不向き」

という意見をたまに聞きますが、少なくともSUPER Xは柔らか目で疲れにくいバイクでした。恐らく北米のグラベルレースで長くSUPER Xが使われてきたのも、そういった要素があると思います。
そのSUPER Xの後継機種なわけですから、言わずもがな、でしょう。

 

国内のグラベル系イベントとの相性は?

Grinduro!や王滝はTOPSTONE CARBONの方が強みがあり、
野辺山グラベルチャレンジやRapha Prestige、Jeroboam、ニセコグラベルといった大多数の国内イベントにはSUPERSIX EVO SEの方に分があるといえるかもしれません。

 

 

CXと異なるパーツアッセンブル

210824evo_se_04

コンポーネントは最新のSRAM RIVAL eTap AXSを搭載。
ワイヤリングは油圧ブレーキのホースだけですっきりした外観になっています。 

 

210824evo_se_05

シクロクロスモデルとの最大の違いはフロント2枚ギアがついていることでしょう。

短距離周回のシクロクロスと違って、グラベルライドでは長い峠の登りなどもあります。

そういったときに、フロントシングルでは軽いギアが足りなくなるか、あるいはリアに軽いギアがあったとしても、ギア間隔が大きすぎて適切なギア比が欠けてしまうことが多くなります。

グラベルにはフロントダブルを強くお奨めします!

 

210824evo_se_06

無線電動12段変速!
グラベルライドからロングライドまで強い味方になること間違いなし。
スプロケットは10~36Tで対応幅が広い!

 

 

タイヤクリアランス

210824evo_se_07

標準で700×40Cのタイヤを装備。
あ、これTOPSTONE CARBONの標準装備より太いじゃん。

最近は45mmタイヤを履くようなグラベルロードもありますが、このバイクではそこまで重たいタイヤを前提とせず、軽量で高速走破性を意識しています。

ちなみに40mmタイヤに対して+8mmのクリアランスがあるので、45mm幅のタイヤまでは使用可能です。
(タイヤの太さは膨張率とリムの太さに依存するので、表記サイズよりも実測が太くなることがあります。)

210824evo_se_24

※製品版とはホイールが異なります。
製品版のホイールはDT SWISSのCR1600 SPLINEを採用。

 

  

完成車の仕様

210824evo_se_spec

画像クリックで大きくなります

サドルは画像ではPrologo製品になっていますが、fi'zi:kに変更予定です。
また、この他の仕様も予告なく変更される場合がございます。

211113evo_se_08

 

 

サイズについて

210824evo_cxse_geometory

SUPERSIX EVO(ロードモデル)よりもスタンドオーバーハイトがワンサイズ相当高いバイクです。
ワンサイズ下げてのチョイスをおすすめします。

サイズ決定に際してはワイズロードの『バイオレーサーライト』にて適正サイズを確認しご案内します。

 210824evo_se_25

EF EDUCATION NIPPOのAlex Howes選手は身長175cm
ロードのSUPERSIX EVOは54サイズに乗っていますが……
このバイクのサイズはちょっと判断しがたい……

 

 

入荷予定・ご予約について

このバイクは初回の国内入荷数が限られております。
ワイズロード全店で数台の入荷予定、現時点では以降の国内入荷予定はございません。

道玄坂には

51サイズ:22年2月末に1台

が入荷予定です。

希少車ですので、お早めのご予約をお願いします。
 (ワイズロード他支店の入荷予定・予約状況もお調べします)

 

 

 道玄坂限定ガラスコーティング!

191115glasscoat

 傷がつきにくくなるからグラベルバイクには施工しておきたい!
ガラスコーティングサービス『ガラスの鎧』はワイズロードでも渋谷キャノンデールブランドストアと川崎ピナレロルームのみの限定サービスです。

 

 

グラベル・シクロクロスのご注文は渋谷道玄坂で!
グラベル・CX大得意なキャノンデール担当 間野がご案内します!

お待ちしております(*^^)v

 

210824evo_se_02

 

 

 

cannondalelogobanner

10th February 2022

ワイズロード渋谷キャノンデールブランドストア まのゆうすけ

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る