【渋谷キャノンデール ブランドストア】  漆黒の万能戦闘機。在庫残り僅かです。SUPERSIX EVO Carbon ULTEGRA!

361
渋谷本館】間野 友輔 22年05月22日

210129evo_ult_02

ワイズロード渋谷キャノンデールブランドストアの間野です。

キャノンデールのロードバイクといえば、クセがなく、しなやかな乗り心地。その代表格とも言えるのがSUPERSIX EVOです。

今回はそのSUPERSIX EVOのなかでも、パーツ構成に優れたミドルグレードをご紹介します。お色もマットブラックと飽きの来ないシックなお色。残念ながら在庫が残り僅かとなっております。ぜひお早めに道玄坂で実車をご確認ください。

 

SUPERSIX EVO Carbon Disc  ULTEGRA 
 
210129evo_ult_00 
 
210128evo_ult_bbq

カラー:BBQ(マットブラック)
店頭在庫サイズ:51(推奨身長 168cm前後)、54(同 175cm前後)
メーカー希望小売価格¥539,000(税込)

 

 

 

道玄坂限定ガラスコーティング!

191115glasscoat

税込20万円以上のキャノンデール完成車をご成約で、通常は有償施工している ガラスコーティング『ガラスの鎧』 台数限定で無料施工 します!
(受取店に渋谷本館をご指定いただいた場合のみ)

 

スタンダードモッドとは?

SUPERSIX EVOはプロ向けに作られた高剛性軽量の『Hi-mod』と、表記上は『Carbon』と書かれている汎用性を視野に入れて剛性を落とし扱いやすくした『スタンダードモッド』もしくは『ノーマルモッド』と呼ばれる2種類のフレームがあります。

Hi-modは高剛性のカーボンシートを用いて成型されており、かちっと硬いフレームに仕上がっています。簡単に言うとプロの豪脚をしっかり受け止めて推進力にする硬さですので、トレーニングしていない方が思いっきりガシガシ漕ぐと脚が疲れやすいと思います。ただ、淡々と登るヒルクライムなどでは硬いフレームは有効ですし、決してプロだけの機材というわけではありません。

一方、『スタンダードモッド』は少し柔らかい乗り味に仕上がっています。乗り比べてみると、Hi-modのかっちり感に対して、スタンダードモッドは登りでしなってバネのような進み方をするのが体感できるかもしれません。

 

今のスタンダード、油圧ディスクブレーキ

190628evo2tech_8

ブレーキはこれからのスタンダードといえる油圧ディスクブレーキを採用。

ブレーキ制動力に優れたディスクブレーキなら、長い峠の下りも疲れにくく走ることができます。リムブレーキとは多少、取り扱い上のお約束事が異なりますが、慣れてしまえば大したことではありません。重量もさほど嵩張るわけではないですから、峠ライドのお供にオススメしたいバイクです。

これからロードバイクに乗り始めるお客様にこそ、油圧ディスクブレーキを強くお勧めします。

 

専用エアロハンドル装備

210129evo_ult_04

フレームに施したエアロ形状に合わせて、ハンドルもSUPERSIX EVOのために開発された『Hollowgram SAVE Systembar』を装備。優れたエアロ性能とともに、ステム別体になっているためステム長の変更が容易で、なおかつハンドル角度も変更できるという便利仕様になっています。

ハンドル中央、上部のゴムキャップはコンピューターマウントを取り付ける場所(ここにハンドルとステムを接合するボルトも隠されています)。このバイクにはガーミンマウントが付属していますが、

recmounts_01 recmounts_03

REC MOUNT製のマウントを別途ご購入いただくと、各社コンピューターの取付が可能になり、また下にGO PROカメラやライトを懸架することも可能です。このキャノンデール用マウントは可能な限り欠品がないよう用意しております。

 

200424evo

 

クセがないのが最大のメリット

210129evo_ult_03

SUPERSIX EVO最大のメリットは、コントロール性能にクセが無くニュートラルなことです。……分かりにくいことを言っているなとは思います。

ロードバイクにはそれぞれ、どういった強みを出したい、などの設計上の目的があるので、その目的に最適化した設計をしていくと、例えばコーナーリングにクセがあるとか、ペダルを踏み込んだときの挙動にクセがあるとか、そういったものが現れることがあります。そのためにライダーにも乗り方を要求するようなものが、実は少なくない、と私は感じています。

SUPERSIX EVOは、それ以前のモデルを遡ってみても、そういった設計上のクセみたいなものが少なく、漕ぎやすくコントロールしやすい。バイクがライダーに乗り方を要求するのではなく、ライダーの意思をしっかり反映してくれるバイクだと思います。逆に言うと強みが無いの?と思われるかもしれませんが、高次元でバランスがとられたバイクなので、様々なシチュエーションに柔軟に対応できる、結果強い、ということです。

 

 

……ということで、折角乗るならバランスの良いバイクに乗りませんか?

 

ほかにもSUPERSIX EVO大量展示中!

220422evo_hm_dura_di2 220407evo_hm_ult_di2_01 220417evo_std_Ult_di2_01 2021SuperSix_EVO_HM_REP_PD

210403evo105_bio_02 210824evo_se_03 C21EVO_HM-Frm_REP

キャノンデールブランドストアならではの在庫量!

最新のDura Ace Di2搭載モデルからグラベルモデルまで様々なSUPERSIX EVOがご覧いただけます。サイズが合わない場合も社内在庫お探ししますので、遠慮なくお声かけください!

 
 
 

190628evo3image_3

 

 

キャノンデールのご注文は渋谷道玄坂で!

専任スタッフ間野をはじめ、キャノンデールに精通したスタッフがお待ちしております(*^^)v

210129evo_ult_01 

 

cannondalelogobanner

22th May 2022

ワイズロード渋谷キャノンデールブランドストア まのゆうすけ

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る