【GARMINインプレ】「EDGE 840 SOLAR」「EDGE 840 バンドル」が発表されました!830との違いや使用感などをお伝えします!!

2230
川崎店】 23年04月12日

753759322380⑤ 

GARMIN EDGE 840シリーズのリリースが発表されました!!

「EDGE 840バンドル」ソーラー発電機能はないが、センサー類一式がバンドル

[ysid 0753759322335] 

「EDGE 840 SOLAR」ソーラー発電機能が搭載され、センサー類なし

[ysid 0753759322380]

※4月13日24時から予約開始となります。販売開始は20日の予定です。

 

「EDGE 840 SOLAR」を実際に手に取り、試乗させていただく機会をいただきましたので、製品紹介と実際の使用感をはじめとした製品レビューをさせていただきます。

私自身、前世代となった「EDGE 830」を3年ほど使用してきました。830は機能的にバランスのとれた、とても良い機種でした。
慣れ親しんだ830を並べ、840を手に取ったわけですが、第一感から実際の試乗後まで、とても使いやすく操作感の良い、洗練された機種になったなあと感じながら操作、試乗させていただきました。
初めてサイクルコンピューターをご使用になる方から、現在使用しているサイコンからの乗り換えの方まで、ご自身のライドを充実させてくれることと思います!
前世代の「EDGE 830」同様、GARMINのサイクルコンピューターの代表機種となるのではないでしょうか。

サイクルコンピューターで何が出来るのか

サイコンは工夫次第でいろいろな使い方が出来ると思いますが、主に、スピードやケイデンス(一分間当たりのペダリング回数)、心拍などを計測するセンサーやRALLYなどのパワーメーターを繋ぐことで、各センサーからの情報を確認しながらペースを作ったり、GPS衛星を利用した走行ルートの記録により走行記録とそれに紐づけられたセンサーの情報の記録を、走行後に専用アプリなどで振り返ることが出来ます。
そして機種によっては便利なナビ機能など、様々な機能を持ちます。

今回発表された「EDGE 840」は、それらを網羅した多機能な機種となりますが、充実したユーザーインターフェイスにより、多岐にわたる機能をわかりやすく快適に操作をすることが出来ますよ。

840から得られる、心拍をはじめとした現在の運動強度の変化に対する自分自身の身体のリアクションを見るのは、自転車の楽しみの一つとなることと思います。
自転車に乗り慣れたりトレーニングを通じて自分の身体が強くなってくれば、以前はきついと感じた運動強度にも余裕が出てきたり、緩い運動量になったら一気に心拍数が落ちて息が整ったりと成長を感じ取れます。
その成長を数値として「見える」ため、新たな楽しみに牽引され自転車をより楽しむことで体力が向上し、実生活への恩恵もあることと思います。

840で記録した走行データにライド中撮影した画像をアップロードして保存すれば、画像と共に走ったルートを振り返ったりも出来ます。
思い出深いライドの画像や、美味しいお店を見つけたりした時のメモがわりの画像をアップするなど、工夫次第で楽しみが広がっていきますよ!

 

840の概要 830からの変更点など

ボタンの実装

左側に上下スクロールボタン、右側に二つのボタンが追加されました。
操作感が良くなったボタンの追加効果については後述の項目をご覧ください。

グラフィックユーザーインターフェイス

先行して発売された最上位機種の1040シリーズと同様のものが基本搭載されました。
ボタン追加に伴い、840独自のユーザーインターフェイスとして追加改良されています。
追加改良については後述の項目をご覧ください。

ディスプレイサイズ

830と同様の246 x 322サイズですが、ボディ自体は若干幅広になりました。

バッテリー稼働時間

830に比べ6時間稼働時間が増えました。

【840SOLAR】

26時間+ソーラー発電分

公称値としては「屋外にて75,000ルクスの条件下で使用した場合」26時間+ソーラー発電6時間

【840非SOLAR】

26時間

USB TYPE-C

USB TYPE-Cの実装はとてもありがたいですね!
私自身、830で20時間を超えるライドの場合モバイルバッテリーで充電しながら走ることになりましたが、TYPE-Cだったらなぁと思ったこともしばしば。
840になって通常のライドで、駆動時間が足りなくなることはあまりないと思いますが、ブルベなど長距離を走られる方には日中のソーラー発電とUSB TYPE-Cによる充電速度の向上は待望の新機能ではないでしょうか?

 

ナビゲーション機能

ナビ機能に関しては最上位機種の1040と同等のナビシステムが搭載されユーザーインターフェイスが刷新されました。基本的な機能は830と変わらないように思われます。
従来通り、地図上で目的地をタッチして指定してのルート作成をはじめ、電話番号検索も行えます。
カテゴリー検索では「コンビニ」「トイレ」などのカテゴリーを選択すると現在地からの距離順でそれらの場所がリスト表示され、行きたいところを選択後ルート作成が行われますが、「トイレ」など新たなカテゴリーが追加。
表示の仕様が変わり、830よりわかりやすくなったと思います。
ルートの作成方法としては「距離優先」「時間優先」「標高差優先(なるべく高低差を抑える)」からお選びになれますよ。

GARMINのサイクルコンピューターでのナビは、「本体操作」でルート作りが完結するフルスペックのナビゲーションでのルート作成によるナビと、事前にコンピュータやスマホを用いてGARMIN CONNECT上などで地図上にルートを描画していくことで「コース」を作成し、それをナビするコースのナビの二通りあります。
事前のコース作成に関してはコンピュータで行うととても楽に行えますよ。
現行製品ですと130PLUSと540シリーズは本体でルート作成が完結するフルスペックのナビは搭載されてません。

トレーニングページのフォントの変更

トレーニングページというものをカスタマイズして、様々な数値を表示することでライドをサポートしてくれる840ですが、フォントが変更となりました。
830に比べて丸みのある、とてもかわいい感じの文字になりましたね。

840トレーニングページ

2023-03-17-20-53-46

830トレーニングページ

49

 

実際の使用感は?

今回の試乗は山側でのライドとなりました。
事前に平坦から緩斜面、きつい登りを織り交ぜてGARMIN CONNECT上でコースを作成し走ってきました。

やはり、新製品はいいですね!
840とともに、とても楽しいライドとなりました。
試乗時の使用感をお伝えしていきますね。

 

タッチパネルなのにボタンが4つ追加

初めて840を手にしたとき、ボタンがあることに驚きました。
え!?タッチパネルなのになぜ??

しかし、操作を始めてすぐにボタン実装の「素晴らしさ」を実感しました。
ボタン実装により1040シリーズをはじめとした新ユーザーインターフェイスのタッチパネル式製品にはない機能が追加で搭載、面白い操作性になりました。

タッチパネルの便利さにボタンが加わると、また別物の快適な操作感になるんですね。
これは新鮮な驚きがありました。

 

ボタン実装によりインターフェイスが改良

新インターフェイス_ボタン用8402023-03-18-11-20-04

ボタンはただ単に追加で実装されたわけではありません。実装に伴いユーザーインターフェイスにも改良が加えられています。
任意のページに入ると、アイコンが画面上の右上ボタン配置位置にひょっこりと一定時間現れて消えます。(上記画像矢印参照)
アイコンはその位置にあるボタンを押した際に現在いるページ内でどのような機能として振舞うかを示しています。
邪魔にならない程度の存在感で現れるのがとてもいいですね。

これがなかなかに便利な新機能でして、トレーニングページから一気に画面の分割設定メニューに入れたり、後述する「パワーガイド」のページでは目標強度設定画面に入るメニューを開いたりと、それぞれのページからの操作がとても楽になりました。

例えば、前バージョンでトレーニングページの分割数を変更する場合、一度ホーム画面に戻って、設定ページに入ってと、7タッチ必要だった操作を、新機種では右上ボタン押し、リストから選択~トレーニングページのエディットと3プロセスで行えます。

今回実装されたボタンの操作とタッチパネルとが組み合わさることによる相乗効果は、とても面白いですね。
840に慣れてきたらタッチパネルとボタン操作を混在させての素早い操作となるのではないでしょうか。
ボタンの方が速い操作もございますし、操作感がとても向上すると思います。
タッチパネル対応のグローブで830を使用していて不便を感じたことはないのですが、グローブによっては相性の良くないものもあるようです。
そうしたフルフィンガーのグローブを装着した状態での操作は、ボタン実装により相性を問わず楽になると思われます。

後述するパワーガイドの設定画面の説明動画ですが、操作の参考になると思います。
画像をクリックまたはタッチで見ることができます。
パワーガイド強度設定45gif 

 

ルート上のCLIMB PROの表示改善

クライムの確認が楽になりました。

クライム機能は指定した条件の坂がそのルート上に含まれると、これから登る坂が始まる前にその坂の展開が表示されるため、山側に入るときにとても便利な機能なのですが、ルート上に点在する坂についての事前確認はわかりにくかったため、私自身、830本体での確認はほぼしてこなかったのですが、今回の改善でとてもわかりやすくなり使用感も良好でした!
このような改良の一つ一つが全体的な使用感を少しずつ高めています。

 

840のルート上CLIMB表示画面

 Climb Pro 2023-04-01-11-00-06

 

 

830でのルート上CLIMB表示画面

830では下記画像のように表示され文字でのリスト表示で、項目をタッチするとグラフィック画面に。

830ClimbProリスト91

 

タッチ後

830ClimbProグラフィック99

830では上記画像のようにクライムをグラフィックで確認するためには文字リストから一回タッチをする必要があったのですが、840ではその1プロセスの必要がなくなり、リスト画面からコース上のどこに、そのクライム表示している坂があるのかがわかるようにインターフェイスが改善されました。

830よりクライムの確認が楽に、そして直観的になりましたね。 

 

パワーガイドについて

 

パワーガイド#1 2023-03-30-18-31-10 

こちらはパワーメーターのご使用が前提となる機能となるのですが、今回試してみてとても面白かったので、ご紹介したいと思います。

GARMIN CONNECTで、あらかじめご自身で作成した「コース」の標高データやコース予想タイム、FTP(1時間出力し続けられそれ以上は出力できないというパワー) などをもとに能力に合ったパワーでの走行をサポートしてくれます。
(残念ながら、840本体のナビ機能で生成したルートではパワーガイド機能を使うことはできません。)
ご自身で設定したコース走破の目標タイムの達成を支援する機能ではないとの事なので、特定のコースをご自身の能力の範囲内で効率よく走破するガイドとして活躍しそうです。
実際に使ってみると、とても面白い機能でした。
コースを走行中に、好きな時に運動強度設定を変えられるというのがとても使い勝手がよく、コースの中盤までは体力温存、体力の残り具合を見て後半は強度を上げてトレーニング的に走るなど、強度調整をしていくと面白いです。

運動強度の変更

パワーガイドのページで右上のボタンを押すとメニューが出てきます。
「PowerGuideEffortAdjustment」に入ると、

パワーガイド強度調節画面の入り口 2023-03-30-19-34-27

 

 

目標運動量の強度設定が出来るスライダーが現れます。

パワーガイド 強度調節画面 2023-03-30-19-34-38

設定操作の動画を撮ってみました。
下記画像をクリックまたはタッチしてみてください。

 パワーガイド強度設定45gif

 

今回試走した際、表示される「ガイド」パワーが若干緩かったので、試しに段階的に強度を上げてみましたが、かなりキツい設定にも出来ました。

パワーガイド中のCLIMB PRO画面

パワーガイド#2 2023-03-30-19-34-12

 

CLIMB PROと組み合わさると、このような画面になります。

長い距離を体力を温存しながら走りたい時には、疲労度など状況によって強度設定を下げることで登りでの消耗を抑えるなど、いろいろ活用出来そうです。

これが、コースだけでなく、840によるナビルート作成でも使えたらいいですね~

将来、是非、実装していただきたいですね!

 

 

リアルタイムスタミナ

 840solar スタミナ

こちらの機能は心拍センサーとパワーメーターをご使用になると使える機能です。
自分の体力の残りをバッテリーの残量のようにあらわしてくれる面白い機能ですね!

GARMINのウォッチには体力をバッテリーとしてとらえたBODY BATTERYという機能があるのですが、それの自転車版になるでしょうか。
トレーニングデータの蓄積に伴い精度が上がるとのことですが、今回のライドでも相対的に変化するため使える指標となってました。
50%から始まり、走行とともに下降を始め、脚を止めての撮影などでしばらく休息するとちゃんと数値も回復してました。
ライドデータを見ると、最終的には2%で終了してました(笑)

レースやライド中のペース配分やライドの計画変更の参考になりそうな面白い機能ですね。
 

試乗時のソーラー発電について

753759322380⑤

 

今回の試用期間中で、2回のライドデータからデータが得られました。
天候の問題で実際の使用感をお伝えするうえで参考になりにくいかもしれません。

曇り空の状態の午前中の約三時間のライドで「7分」分
午後の西日状態での快晴約一時間で「8分」分

充電されました。

公称値としては

「屋外にて75,000ルクスの条件下で使用した場合」

26時間+ソーラー発電6時間

となります。

今回の日差しとしては弱い西日状態の快晴一時間で「8分」を26時間で換算すると約3.5時間となりますので、推測となりますがおおむね公称値に近い結果が得られていると思われます。
ちなみに、当店の窓際にて電源オフ時で日光にあてたところ、約5時間で1%バッテリー残量が増えていました。
もっと日当たりの良いところだともう少し充電できるかもしれませんね。

販売価格およびキャンペーン情報

以上、「EDGE 840」シリーズの使用感を書かせていただきました。
使っていてとても楽しく、気持ちの良い機種となりました!
タッチパネルの反応や、元ページからボタン操作で編集ページに入ったり、戻る際の「ぬるっ」としたページの動きなど、とても良い感触でした。
多くの方に気に入っていただける製品となったのではないでしょうか。

4月20日から販売開始、予約受付は4月13日よりとなります。
価格も旧830バンドルといずれも同価格。
是非、ライドの充実のためお役立てください!
楽しみが増すことと思います!

 「EDGE 840 SOLAR」(センサー類付属せず)

¥74,800(税込)

「EDGE 840バンドル」(SOLAR機能なし、センサー類、マウントなど一式のセット)

¥74,800(税込)

 

「旧型GARMINのサイクルコンピューターのご提示」と「完成車同時購入」でEDGEシリーズ5%OFF

上記条件を満たす方、5%OFFでEDGEシリーズをご購入していただけます!
是非このキャンペーンをご活用くださいね!

 

関連ブログのリンク

EDGE 1040

EDGE EXPLORE 2

RALLY RS200など ペダル型パワーメーター

VARIA リアビューレーダー RCT715

VARIA リアビューレーダー RTL515

UT 800 スマートライト

 

[ysid 0753759322380]

[ysid 0753759322335]

[ysid 0753759325398]

[ysid 0753759322274]

[ysid 0753759322229]

[ysid 0753759306380]

[ysid 0753759308131]

[ysid 0753759266745]

[ysid 0753759310653]

[ysid 0753759310660]

[ysid 0753759265144]

[ysid 0753759265137]

[ysid 0753759301583]

[ysid 0753759263904]

[ysid 0753759261757]

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る