【池C限定特価】ピュアレーシングシクロクロス「ZOLDER PRO」がオフロードコンポーネントGRXをつけてお得に手に入ります。

541
池袋チャーリー店】 24年03月09日

73-_1196826

BIANCHI ZOLDER PRO GRX 600

CK16/PPLカラー
52サイズ
¥550,000‐
↓池C限定特価
¥330,000‐

[ysid 2022000026444]

74-_1196825

先日ご紹介したZOLDER PROのフレームセット実は完成車でも入荷してきております。
ピュアレーシングモデルとして登場している1台で完成車スペックでオフロードに乗りこんで行くことも可能な1台となっています。
構成はGRX600シリーズの11速でロードグレードとしては105あたりが近いと思います。
ホイールには30㎜ハイトの物を採用しオフロードでのリム剛性を少しでも高めてぬかるんだ路面でも少しでも加速力を強化しようとしたものですね。

72-_1196827 71-_1196828

フレームには大きくトップチューブからフォークにかけてZOLDER PROと書かれておりPPLカラーとのこと
現状この車体以外に使われているのはあるのでしょうか?

67-_1196832

52サイズですがフロント三角はかなり大きめなのでしょうか?
ロードバイクよりも高いフランクの位置によってシートチューブが上の方に余裕を持ちトップチューブの位置が上がることで三角形が大きくなっているのではと思います。
シクロクロスはそのレースの特性上障害物を超えて走るか担いで走るといったレースになりますが
これはその担ぎの場面での動作の行いやすさや引っ掛かりずらさなども含めた形状ということですね。

ちなみにレースではボトルケージは取り付け不可なんだそうです。
引っ掛かるからとのことですね

64-_1196835

ケーブル類はフレームより内装化します。
オンロードよりもさらにポジション出しが難しいシクロクロスシリーズでたくさん変更することが予想されるため
フレームから内装することで自由度が高くなるのはうれしいですね。

65-_1196834

チェーンステーは左右に広がるような構造になっていて横剛性を高めてくれているでしょう。

69-_1196830

VISIONのTEAM 30というホイールは30㎜ハイトで剛性面を確保し
TLRとチューブレスレディを採用することでよりオフロードに最適化されたタイヤ周りを実現。

68-_1196831

シクロクロスの規格ぴったりな33Ⅽのタイヤを使います。
ブロックの浅さからはドライな土を走るようにできていると思います。

66-_1196833

コンポーネントはオフロード仕様のGRXを採用します。
11段変速のグループでオフロードのチェーンあばれを考慮しスタビライザー装備のリアディレーラーや
トラクションが抜けてしまうとスリップしてしまうので力がかかりすぎないように小さなチェーンリングが搭載されます。

63-_1196836

レーシングであればもちろん油圧ディスクブレーキが必須なのではないでしょうか?
シクロクロスは路面の関係も相まってよく転ぶスポーツになりますが目の前で転ばれた場合にもしかしたら止まれるかもしれないのが油圧ディスクブレーキですね。

ご案内は上山翔でした。

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る