【池C店頭限定特価】クロスカントリーアルミハイエンド「X-CALIVER」がお求めやすくなりました!

376
池袋チャーリー店】 24年03月26日

28-_1207258

TREK X-CALIBER9

ALPINE BLUカラー
MDサイズ
¥242,000‐
↓池C店頭限定特価
¥169,400‐

29-_1207257

ハイパフォーマンスクロスカントリーマウンテンバイクX-CALIBERシリーズ
100㎜の短く機敏に動くサスペンションに
アップライトになりすぎないハンドル落差でアグレッシブな姿勢を取りやすくなっています。
緩やかなシングルトラックからクロスカントリーコースまでしっかりとなせる1台でしょう。

26-_1207260

高すぎないトップチューブの下がり具合はオフロードバイクでは足つきを良くし急な降車にも対応可能でしょう。

23-_1207263

サスペンションはロックショックスを採用し
黒いインナーチューブはアルミ素材で軽量に作られているということですね。

24-_1207262

右肩にはロックアウトレバー
リモートでないのは機敏に変える必要がある走り方とは違うからでしょうか?

25-_1207261

左肩にはAIRの文字が書かれたキャップ
これはエアーサスペンションが使われているということですね。
サスペンションポンプで空気圧を変動させることで自身の体重に合った最適な反発力でマウンテンバイクを楽しむことができます。
タイヤ用とは違うものが使われますのでお見知りおきを

19-_1207267

トップチューブ上側には車体名が大きく書かれます。
エクスカリバーかっこいい名前ですよね

フレームパイプはごつごつと角ばったものが使われていますね。

18-_1207268

チェーンステー部分にはラバーシールが貼られていてオフロードでのチェーンあばれに対しフレームへの傷を軽減してくれるでしょう。

20-_1207266

一緒の紹介するのはシマノ系で整えられたドライブトレインフロントはシングルでDEORE XTが使われていますね。
クロスカントリーに限らずリア変速段数が多段化が進んだことや変速レスポンスの違いからか
フロント変速がなくなっている物を多く見ますね。
東京五輪のコースにはあまり見られませんでしたが下った後すぐの上り返しのようなステージだと結構きついのでしょうね。

16-_1207270

ボトムブラケット周りはこんな感じになっていてクランク幅がおおよそ決まっているため少し異形な広げ方をしていますね。

17-_1207269

X-CALIBERはアルミ高級グレードの位置づけだと思いますがアルミフレームであることもありキックスタンドの取り付けが可能です。
街乗り高級マウンテンにすることも可能!

21-_1207265

フロントシングルであるということは左手側には変速レバーは存在しません。
写真だとレバーがついていると思いますがこれは

22-_1207264

ドロッパーシートポストになっています。
もとよりクイックレバー式を採用していたX-CALIBERはドロッパーを踏査してもこの価格を実現しているということですね。
クロスカントリー、トレイルを含む山を下る系のバイクでは段差を超える場面で後輪が持ち上がりサドルがお尻を叩いて体が飛んでいく場面があります。
その時にサドルを下げり必要があり従来のクイックリリースシートポストでは毎回降車し切り替えてからの再スタートといった感じでしたが
ドロッパーが採用されることでそれらすべてが手元のレバーで完結してくれるようになっているので
よりスピーディなアクティビティを楽しむことができると思います。

ご案内は上山翔でした。

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る