BASSO

Bassoはロードレースの本場、イタリアを本拠地とするレーシングバイクブランド。

「BASSO」を支える3人の兄弟と良い自転車の証明 1

Bassoはロードレースの本場、イタリアを本拠地とするレーシングバイク。
創業は1979年と比較的新しく、実に短期間でヨーロッパのトップブランドの1つになりました。

その最大の特徴は、フレーム素材のクオリティーの高さ。 創業以来、この点に焦点をおいて努力を続けています。
現在も、パドア及びグラッツ (オーストリア) の大学の多くのエンジニアや地元の企業及び研究所と協力し、開発が続いています。

さらに興味深いのが、ドイツマーケットを重視しているという点。

「BASSO」を支える3人の兄弟と良い自転車の証明 2

「ドイツの消費者は決してブランドや名前でごまかされない。
彼らは本当に良いものが何かを知っているし、また良いものでなければ受け入れない。
プロチームへスポンサードするメーカーは数多くあるが、多分に商業的な要素がある。
ひょっとするとお金でハイクオリティーというイメージを買えるかもしれないが、私はその方法は好きじゃないんだ。
BASSOがドイツで受け入れられていることがBASSOが良い自転車だと証明できる一つの理由だと言えるよ。」

これまで地道な努力があるからこそ、こんな高いクオリティが認められているのかもしれません。

「BASSO」を支える3人の兄弟と良い自転車の証明 3

そのクオリティの源が3人の兄弟にあるということをご存知でしょうか。
長男のMarino はプロとしてMerckx や Gimondi のように輝かしい日々を過ごした選手。
1981年に引退するまでに、ツール・ド・イタリーのステージを含め国内外あわせて82勝をしています。

特に1972年フランスGapで行われた世界選手権で、レース終盤でエースの Bitossi を Guimard と Merckx が追いかけ、
この2人を抑えようとスプリントし、そのまま優勝してしまったエピソードは、現在も伝説として語り継がれています。

「BASSO」 品質の秘密・・・ プロの選手、プロの経営者、プロのメカニック。

「BASSO」を支える3人の兄弟と良い自転車の証明 4

次男の Renato は他の2人の兄弟とは違い、1974年にドイツ、テュービンゲン大学を卒業し、その後パドアの大学院へ進み
哲学の研究に従事しました。 そして同時に Basso の経理部門を助けました。

3男の Alcide は、若い頃からプロショップの職人のもとで修行を積み、は19歳のとき技術学校を卒業後、すぐにフレームビルダーとしてスタートしました。 彼は10代の時から長男 Marino のチームメカニックを務めました。

その当時、ヨーロッパトップクラス、ツール・ド・フランスやイタリア国内の数え切れないレースに同行し、多くのチャンピオン達とともに仕事をしました。

この3人がBASSOを支えているのです。

ブランドを探す

イチオシブランド

ブランドを探す

ワイズネタてんこ盛りのコーナー "Y's Roadは一日にして成らず"

下記のコンテンツ要チェック!!クリックするとポータルサイトへ移動します

ワイズコレクション

最新の投稿

08/09 22:00

渋谷本館

詳しく見る

ワイズロードスタッフストーリー

最新の投稿

08/02 19:15

横浜ワールドポーターズ店

詳しく見る

ワイズの選べる試乗車サービス

最新の投稿

08/08 20:00

名古屋ウェア館

詳しく見る

  • Y'sRoad監修"ブランドカタログ"

Pageの先頭へ戻る