RALEIGH

ラレージャパンを企画するアラヤにより、ラレーの思想を引き継いだ、日本人と日本での用途に合った設計の製品を提案しています。この企画は本国でも高く評価されています。
約130年の歴史、現在まで販売実績約3億台、販売は世界六大州。自転車の歴史は、ラレーの歴史と言っても過言ではありません。「変わらないこと、進化すること」を具現化したことに、世界中の支持と共感を得た実績です。

創業

フランク=ボーデン。19世紀後半に香港から帰国後、事業の激務から身体を衰弱。友人の勧めにより、トライシクル(三輪車)から自転車に乗り継ぐことで体力を快復し、自転車の素晴らしさを体感。1887年
に、ノッティンガム・ラレーストレートで、ラレーカンパニーを興した。
その後、内装変速機や、ハブダイナモなど、現代にも繋がる数々の開発を行い、製品化することになる。日本の一般用自転車の原点となったロードスターは、長年ラレーを代表する完成車でもあった。また、レース、サイクリングの事業にも積極的に関わり、ツールドフランスを初め、数々のレースでの優勝と、選手を支える機材の開発も行い、20世紀中葉には世界最大の自転車メーカーに発展した。

貫かれた思想は、フランク=ボーデン自らが体感した、自転車のある最高の日常。

一般用途からスポーツ用途に亘り、すべての人々に、良い自転車を提供することにあった。英国特有の実用を旨とする思想が、自転車にも具現化されたのである。
ボーデンへは、英国自転車産業の発展を称えられ、爵位授与にも至る。後継に委ねられ、自転車だけでなく、モーターバイク、自動車までにも業容を拡大するが、欧州大陸とは異なる環境から、自転車に集約。数々の自転車メーカーの吸収合併も行い、世界各国に代理店と工場を置くまでに成長した。
日本においては、明治維新以降、欧州文化・技術の多くを英国に求め、自転車においても同様であった。自転車を輸入するだけでなく、ラレーを主とする英国製自転車の研究もされ、自転車産業の基礎となった。
日本で鉄鋼生産が緒に就いたばかりの時代にあって、1914年に鋼製生産に成功したアラヤリムも、当時のラレー工場でのリム生産に原点を見出すことができる。世界各国で、自転車産業が熟成化され、自転車文化の発展を促した事へも、ラレーの貢献が非常に大きいことが言えよう。
フランスやイタリアなど、欧州大陸では英国と異なる自転車文化もあったが、英国自転車文化の矜持は保ちつつ、秀逸と考えられたものは積極的に採用された。

内装変速で貫いてきた競走用自転車においても、いち早くイタリアコンポーネントの採用に踏み切る。また世界各国に展開した現地代理店においても、各国での独自の製品企画を許容し、自転車の一大消費国である米国でも、独自のラレーアメリカ製品の開発を促した。
自転車の生産形態が移り変わり、本国での生産は縮小しながらも、世界各国で各国の環境に沿った自転車を提供する姿勢。これにも、先に述べた全ての人に良い自転車を提供したいと言う思想の顕れと言えまいか。

アラヤとラレー

日本でスポーツバイクが普遍化する中、アラヤのラレージャパンもラレーの思想を引き継ぎ、日本人と日本での用途に合った設計の製品を提案してきた。本国でも高く評価され、ラレージャパン発信製品が、欧州ユーロバイクショー、米国インターバイクでも紹介され、また、アジア各国ラレー製品にも影響を与えている。多くのグローバルブランドが世界共通仕様で展開される中、ラレーでは各国市場に合わせた自
転車を提供する独自の手法も、実用主義コンセプトの継承である。
約130年の歴史、現在まで販売実績約3億台、販売は世界六大州。このようなブランドが他にあるだろうか。自転車の歴史は、ラレーの歴史と言っても過言ではない。「変わらないこと、進化すること」を具現化したことに、世界中の支持と共感を得た実績であると確信する。

ブランドを探す

イチオシブランド

ブランドを探す

ワイズネタてんこ盛りのコーナー "Y's Roadは一日にして成らず"

下記のコンテンツ要チェック!!クリックするとポータルサイトへ移動します

ワイズコレクション

最新の投稿

04/28 15:59

池袋チャーリー店

詳しく見る

ワイズロードスタッフストーリー

最新の投稿

03/30 21:20

名古屋クロスバイク館

詳しく見る

ワイズの選べる試乗車サービス

最新の投稿

06/18 21:03

新橋店

詳しく見る

  • Y'sRoad監修"ブランドカタログ"

Pageの先頭へ戻る