PANARACER

瞬間を争う激しいレースに、レースで鍛えた最先端のタイヤ技術で挑んでいます。世界の最先端を走るコンパウンド技術、全く新しい設計コンセプトと経験豊かなノウハウで、自転車タイヤに求められる過酷な条件に挑戦し克服してきました。
そのテクノロジーは、ロードレース、マウンテンバイク、トライアスロン、車椅子競技など、世界のレースを舞台に鍛えられ、力を発揮し、数々のタイトルを手にしてきました。究極の走りを目指し、世界のレースシーンと自転車文化にその卓越した性能を提供し続けます。

昭和27年 ナショナルタイヤ株式会社設立。自転車タイヤ・チューブ専門工場として創業開始
昭和29年 自転車用ゴムタイヤ・チューブの日本工業規格表示許可工場の認可
昭和38年 業界初のナイロン製、シングルコード使用のタイヤ生産開始。
昭和40年 丹波ナショナルタイヤ株式会社設立
昭和44年 対米輸出開始
昭和45年 スキンサイド高級スポーツ用タイヤを開発
昭和46年 世界初の自転車用ラジアルタイヤを開発

昭和51年 世界初のナイロンコード製競技用チューブラータイヤを開発
昭和55年 パナレーサーチューブラータイヤを使用し、中野浩一選手が世界選手権で優勝
昭和58年 チューブ生産累計1億本達成
昭和60年 タイヤ生産累計1億本達成
昭和61年 世界初のポリウレタン製チューブを開発

平成5年 パナレーサーMTBタイヤ「スモーク」が世界選手権でチャンピオンシップを獲得
平成6年 新コンパウンド技術Binary Function Compound Systemの開発に成功。MTB世界選手権と全日本MTB選手権でダブルタイトルを獲得
平成10年 MTBアジア大陸選手権優勝
平成11年 新コンパウンド技術Zero Slip Grip Compoundの開発に成功。欧州プロロードレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」でステージ優勝(国産初)。シリカ配合ロードタイヤ「ストラディアス」発売開始
平成12年 MTBタイヤ「ファイヤXCプロ」米国TopTen製品に選ばれる(Mountain Bike Action誌)。MTBアジア大陸選手権優勝
平成13年 Riquigas-Pata Team(Italy)がストラディアスPROを使用しジロ・デ・イタリアでステージ優勝を2度獲得(国産初)RLX POLO Team がファイアXCプロを使用し、米国国内シリーズチャンピオンを獲得
南部博子選手が、MTB全日本選手権とMTBアジア選手権でダブル優勝
平成14年 Colpack-Astro Team(Italy)がストラディアス・エクストリームを使用しジロ・デ・イタリアでステージ優勝を獲得。MTBアジア大陸選手権優勝
平成15年 Denardi-Colpack Team(Italy)がジロ・デ・イタリアでステージ優勝。MTBアジア大陸選手権優勝
平成16年 新コンパウンド技術Air Flex Lite Butyl Compoundを採用したレーシングチューブ「R'AIR」の発売を開始。Denardi Team(Italy)がジロ・デ・イタリアで個人総合2位を獲得。日本製タイヤで初の表彰台獲得。MTB全日本選手権優勝

平成17年 本社を兵庫県丹波市へ移転 日本製タイヤとしてツール・ド・フランスに初めて参戦
平成18年 ミヤタスバルレーシングチームがJツアー個人総合優勝獲得
平成19年 Team MILRAM(Italy)のアレッサンドロ・ペタッキ選手が、ジロ・デ・イタリアでステージ5勝を獲得
平成23年 Panaracerがサポートする SAUR-SOJASUN(France)がツール・ド・フランスに参戦
平成27年 社名を「パナレーサー株式会社」へ変

ブランドを探す

イチオシブランド

ブランドを探す

ワイズネタてんこ盛りのコーナー "Y's Roadは一日にして成らず"

下記のコンテンツ要チェック!!クリックするとポータルサイトへ移動します

ワイズコレクション

最新の投稿

02/22 20:05

渋谷本館

詳しく見る

ワイズロードスタッフストーリー

最新の投稿

02/24 15:27

新宿本館

詳しく見る

ワイズの選べる試乗車サービス

最新の投稿

02/15 07:00

神戸店

詳しく見る

  • Y'sRoad監修"ブランドカタログ"

Pageの先頭へ戻る